女子危機一髪サーフシーン、危険回避方法。

サーフィン映像

サーフボードを回避する


サーフィンで1番恐ろしく、できれば避けたいこと。
それはサーフボードとの自分自身が接触することです。
サーフィンを長年している人でもプロサーファーでも回避方法を知らなくては危険は隣り合わせ。意識するだけで接触かあ免れる確率がかなり上がります。
サーフボードとの接触で起こり得る危険は以下です。

・サーフボードのレール、ノーズ、テールが体にあたる
・サーフボードのフィン部分が体にあたら
・リーシュコードが体に巻きつく

ハードボードを使用ししている場合、波の勢いでボードが自分の体に当たった時
運が悪ければ骨折、縫うまでの衝撃をもらうことになります。
以外としらない、サーフボードとの接触を避ける方法を経験からお伝えします。
ワイプアウトをした時、波が終わりボードからおりた時など
とにかく自分が水中の中でもみくちゃになってしまったときはまず冷静になってください。そして1番意識しないといけないことが、自分のサーフボードがどこにいるか、です。
水中でもみくちゃになっている時、慌てて水面から顔を出すこと、これが1番危ない行動です。サーフィン中もしサーフボードと自分が離れてしまうことが起きた場合はまず、サーフボードが今どこにあるのかを意識しましょう。
そしてサーフボードの場所が検討もつかない場合は水面から顔を出すのではなく手を先にだし、サーフボードの居場所を確認しましょう。

この意識だけでサーフボードとの接触の確率はかなり低くなります。
呼吸が続かない、溺れるとパニックに陥るかもしれませんがそこは冷静に、水面へいきなり顔を出すことが1番危ない行為なことを忘れずにsafety surfしてください。

私はこのことを意識するようになり、ボードとの接触はかなり防げています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*